2018/10/01

中距離恋愛なのに毎週末デートして交際3ヶ月でプロポーズされた

まだまだ遊びたくて仕方ない


当時24歳だった私は、結婚願望なんてゼロ。ちょうど遊びたい盛りで、仕事帰りに寄り道
し、土日も出かける多忙な日々。予定で一杯になっている手帳を見ては、自己満足に浸っていた。私の人生の中で、最も輝いていたリア充ピークの頃だ。一方、当時28歳の航空自衛官の彼は、ちょうど結婚したい年頃だったのかもしれない。周りが結婚・出産ピークだと良く言っていた。もしかしたら、30歳までに結婚したいと思っていたのかもしれない。


普通のカップルだった2人


当時の私は、彼の仕事について良く分かっていなかった。色々説明してくれていたが、全然興味もなかったのだ。今思うと、結構遠い「中距離恋愛」をしていたし、彼は特殊な職業だ。それなのに、意外にも普通のカップルのように交際していた私たち。1人暮らしをしていた彼の家に、週末泊まりに行き、デートするのが定番だった。だけど、親には彼氏がいることなんて絶対に言えない。毎回「友達に家に泊まりに行く」と嘘を付いていた。


交際3ヶ月でプロポーズ


彼が数か月、仕事で地方に行くことになった。毎週会っていたのに、もう会えなくなる。彼は、毎日遊び歩いていた私の浮気を心配していたようだ。その解決策として、結婚することを思いついたのかもしれない。デートの帰り道、突然出会った場所に車を止める彼。いつもと明らかに様子が違う。そして、私は人生で初めてプロポーズされた。感動して涙が止まらなかった。結婚なんて考えたことがなかった私だったが、即答でOKしていた。